室戸市

高知県室戸市Webサイト

土佐の東の最先端、光輝く海の恵み。ジオパーク、空海、海洋深層水の町。高知県室戸市。

トップ 観光イベント 室戸移住! 「じんけんの木」巡回展示~現在地:佐喜浜小学校~

住宅火災警報器の電池は切れていませんか?

住宅火災警報器の電池は切れていませんか?

「いざ」という時に住宅火災警報器がきちんと働くよう、日頃から作動確認とお手入れをし
ておきましょう。

1.定期的に作動点検をしましょう。
  住宅火災警報器は、電池が切れると作動しなくなります。
  定期的(1ヶ月に1度が目安)に住宅火災警報器が鳴るかどうか、
  テストしてみましょう。
  また、長期に家を留守にした時も、住宅火災警報器が正常に作動する
  か、テストしましょう。
  点検方法は、本体のひもを引くものや、ボタンを押して点検できるもの
  等、機種によって異なりますので、説明取扱書を見て、点検方法を確認
  しておきましょう。
2.電池タイプは交換を忘れずに。
  電池タイプの住宅火災警報器は、電池の交換が必要です。
  定期的な作動点検の時、「電池切れかな?」と思ったら、早めの交換を
  お勧めします。
  また、電池が切れそうになったら、音やランプで交換時期を知らせてく
  れます。
3.定期的にお手入れをしましょう。
  住宅火災警報器は、ホコリが入ると、誤作動を起こす場合があります。
  定期的にお掃除を行いましょう。
  お掃除の方法は、機種によって違いますので、取扱説明書をご確認くだ
  さい。
4.おおむね10年をめどに交換が必要です。
  住宅火災警報器は、機器に交換時期を明記したシールが貼ってあるか、
  「ピ―」という音などで交換時期を知らせます。
  本体もセンサ―等の寿命により交換が必要です。
  詳しいことは、取扱説明書を確認してください。
  捨てる場合は、本体と電池を別々にして,資源ごみに出しましょう。

◎住宅火災警報器が鳴った時は
  住宅火災警報器は、火災の火元から出る熱や煙に反応して、火災を知ら
  せてくれます。
  鳴っていることに気づいたら、素早く消火し、消火できない時には、避
  難して周囲に知らせることも必要です。
  時には誤報もありますが、家庭で火災から命を守るために、住宅火災警
  報器が鳴った時の行動について、よく話し合ってみましょう。
①火災のとき
 火元を確認してください。
 119番通報や可能ならば初期消火を行って下さい。

②火災でないとき
 煙草の煙・調理中の湯気・煙の出る殺虫剤などを使用すると、感知して鳴
 ることがあります。
 
対処方法
  警報音停止ボタンを押す(ひもが付いているタイプはひもを引く)か室
 内の換気をすると、警報音は停止します。
  それでも止まらない場合は、メ―カ―に問い合わせてください。
 ③電池切れのとき
  短い音で「ピッ・・・ピッ・・・」と一定の間隔で鳴る場合は、電池切
 れの注意音です。(メ―カ―によって異なりますので、説明取扱書を確認
  してください。)
  電池を新しいものに交換してください。
  機種によっては、本体ごと交換するものがあるので、注意が必要です。
  わからない場合は、購入店等へ問い合わせてください。

このページに関するお問い合わせは
室戸市消防本部 予防班
   電話0887-22-0014
   FAX0887-22-4814
   メールアドレス mr-070100@city.muroto.kochi.jp

このページに関するお問い合わせ
担当 室戸市 消防本部
電話 0887-22-0014
FAX 0887-22-4814
メール お問い合わせフォーム
ページの先頭へ