○室戸市立小学校及び中学校準公金取扱要領

平成28年8月25日

教委訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、室戸市立小学校及び中学校(以下「学校」という。)が取扱う公金以外の現金で公的性質を有するもの(以下「準公金」という。)の取扱いの適正と効率化及び透明性の確保を図るため、その取扱い方法について定めるものとする。

(準公金の種類等)

第2条 準公金は、次に掲げるものとする。

(1) 学校預かり金

(2) その他の団体(PTA等)の現金

(3) その他学校が取り扱う公金以外の現金

2 準公金は、その目的及び性質ごとにこれを区分し、当該区分ごとに事務処理を行わなければならない。ただし、前項第2号の取扱いは各団体の取扱いによるものとする。

(事務処理体制等)

第3条 所属長(室戸市立小中学校の校長をいう。次条において同じ。)は、準公金の事務処理について、計画から執行・金銭の出納・決算・検査等、学校内での事務処理体制を明確にし、各事務の担当者を指定するとともに、自らこれを総括しその最終責任者とならなければならない。

(所属長の職務)

第4条 所属長は、準公金の事務処理にあたり、次に掲げることを行うものとする。

(1) 執行計画及び集金計画を策定し、保護者へ通知すること。

(2) 集金及び支出の出納に関すること。

(3) 各会計の収支状況及び執行計画について検査し、保護者へ通知すること。

(帳票)

第5条 学校は、次に掲げる帳票を備え準公金の管理を行わなければならない。

(1) 出納簿

(2) 集金台帳

(3) 支出に関する書類(納品書・請求書・領収書)

(4) 預金通帳管理簿(別記様式第1号)

2 各帳票の保存は、室戸市文書規程(昭和34年訓令第2号)に準じて行うものとする。

(会計年度)

第6条 準公金の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。

附 則

この訓令は、平成28年8月25日から施行する。

附 則(令和4年教委訓令第1号)

この訓令は、令和4年4月1日から施行する。

画像

室戸市立小学校及び中学校準公金取扱要領

平成28年8月25日 教育委員会訓令第1号

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成28年8月25日 教育委員会訓令第1号
令和4年1月17日 教育委員会訓令第1号