○室戸市職員のハラスメント防止等に関する規程

平成28年4月1日

訓令第7号

(趣旨)

第1条 この規程は、本市の職員に関するハラスメントの防止及び排除並びにハラスメントに起因する問題が生じた場合の対応等に関し必要な事項を定め、職員が個人として尊重される快適な職場環境を確保することを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 職員 職員(臨時的任用職員を含む。)、業務委託契約による業務従事者等市の業務に従事するすべての者

(2) 職場 職員がその職務を遂行する場所(出張先その他の職員が通常職務を遂行する場所を含む。)

(3) ハラスメント 次に掲げるもの

 セクシュアル・ハラスメント 職場において他の者を不快にさせる性的な言動をし、又は職場外において他の職員を不快にさせる性的な言動を行うこと(性別により役割を分担すべきとする意識に基づく言動を含む。)

 パワー・ハラスメント 職務上の地位において優位にある職員が、職務上の指導の範囲を逸脱して、他の職員に対して人格と尊厳を傷つける言動等を行うこと。

 その他のハラスメント 性別、職務上の雇用形態にかかわらず、言葉や態度、身振りや文章等によって、他の職員に対して人格と尊厳を傷つける言動等を行うこと。

(4) ハラスメントに起因する問題 ハラスメントにより、職員の就労意欲の低下を招くこと若しくは職場環境が害されること又はハラスメントへの対応に起因して、ハラスメントを受けた職員がその勤務条件につき不利益を受けること。

(適用範囲)

第3条 この規程は、職員と職員の間において発生するハラスメントに関する問題について適用する。

(任命権者の責務)

第4条 任命権者は、職員によるハラスメントを発生させない方針を明確化し、周知・啓発に努めるものとする。

(所属長の責務)

第5条 所属長(課等の長又はこれに準ずる者をいう。)は、職員がその能力を十分に発揮できる職場環境を確保するために、日常の執務を通じた指導等によりハラスメントの防止及び排除に努めるとともに、ハラスメントに起因する問題が生じた場合には、迅速かつ適切に対処しなければならない。この場合において、ハラスメントを受けた職員が職場において不利益を受けることがないよう配慮しなければならない。

2 所属長は、ハラスメントに関する正しい認識を持ち、自らの言動がハラスメントに該当することがないよう常に配慮しなければならない。

(職員の責務)

第6条 職員は、ハラスメントが個人の尊厳や名誉を不当に傷つけ、就労意欲の低下や職場環境を害することを自覚するとともに、他の職員の人権を尊重し、ハラスメントを行ってはならない。

2 職員は、ハラスメントを受けた場合に、その被害を深刻化させないため、次条に規定する相談窓口に相談する等適切に行動するよう努めるものとする。

(相談窓口の設置)

第7条 ハラスメントに関する相談等に対応するため、相談窓口(以下「窓口」という。)を設置する。

2 窓口は、総務課に設置する。

3 窓口の開設時間は、月曜日から金曜日まで(閉庁日を除く。)の午前8時30分から午後5時15分までとする。

4 窓口の相談員(以下「相談員」という。)は、原則として男性1人以上及び女性1人以上で構成するものとし、総務課長の職にある者及び総務課長が指名する職員をもって充てる。

5 相談員は、ハラスメントによる直接の被害者だけでなく、他の職員により相談等が寄せられた場合においても、これに対応するものとする。

6 窓口においては、ハラスメントを未然に防止する観点から、その発生の恐れがある場合又はハラスメントに該当するか否か微妙な事案の場合においても、相談等として受け付けるものとする。

(相談等の処理)

第8条 前条の規定により窓口に相談等があった場合は、相談員は速やかに次に掲げる措置を講ずるものとする。

(1) 複数の相談員により事実関係の調査及び確認を行う。

(2) ハラスメント相談票(別記様式第1号)により、その内容を記録する。

(3) 事案の内容及び状況から判断して、必要と認めるときは、次条に規定する苦情処理委員会にその処理を依頼すること。

(苦情処理委員会の設置)

第9条 ハラスメントに関する相談等に対し、適切かつ効果的に対応するため、苦情処理委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

2 委員会は、委員長及び委員5名をもって組織する。

3 委員長は、副市長をもって充てる。

4 委員は、総務課長及び室戸市職員労働組合の推薦した者のうちから市長が指名する。

5 委員会は、ハラスメントに関する相談等のうち、前条の規定によりその処理を依頼された事案について事実関係を調査し、その対応措置を審議し、関係者に対し必要な指導助言を行うものとする。

6 委員会は、必要があると認めたときは、当該ハラスメントを受けている職員又はその所属長その他関係人の出席を求め、事情を聴くことができる。

7 委員会の庶務は、総務課において処理する。

(プライバシーの保護)

第10条 所属長、相談員、委員会の委員長、委員その他ハラスメントに関する相談等の処理を担当する職員は、関係者のプライバシーの保護及び秘密の厳守を徹底し、関係者が不利益な取扱いを受けないよう留意しなければならない。

(対応措置)

第11条 公正な調査の結果、ハラスメントの事実が確認され、当該事実が信用失墜行為、服務規律違反等に該当すると判断できる場合には、その意見を室戸市職員懲戒審査委員会に具申するものとする。

(相談員等の責務)

第12条 苦情相談の対応に関与した相談員及び職員は、関係者のプライバシーの保護に努めるとともに、相談者が苦情相談を行ったことにより不利益を被ることがないよう特に留意しなければならない。

(雑則)

第13条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成28年4月1日から施行する。

(室戸市職員のセクシュアル・ハラスメントの防止に関する要綱の廃止)

2 室戸市職員のセクシュアル・ハラスメントの防止に関する要綱(平成25年訓令第15号)は、廃止する。

画像画像

室戸市職員のハラスメント防止等に関する規程

平成28年4月1日 訓令第7号

(平成28年4月1日施行)