○室戸市移住促進相談員設置要綱

平成26年3月31日

告示第36号

(設置の目的)

第1条 少子高齢化による人口減少が続く室戸市が、将来にわたり持続的に発展していくために、地域外の人材を積極的に受け入れ、交流人口の拡大、定住・移住の推進を図るため、室戸市移住促進相談員を設置する。

(活動内容)

第2条 移住促進相談員は、次に掲げる業務を行う。

(1) 室戸市への移住・定住を希望する人への地域紹介・移住に関する情報提供

(2) 室戸市内の移住・交流に関する取り組み(セミナー・体験企画・体験談等)の情報発信や首都圏での移住相談会などイベントへの参加

(3) 室戸市内の地域に対して移住交流支援に関するアドバイスの実施等

(4) 移住体験住宅の維持及び管理に係る業務

(移住促進相談員)

第3条 移住促進相談員は、応募者の中から、室戸市の地域活性化に意欲と熱意を有する者を、市長が任命する。

(勤務時間)

第4条 移住促進相談員の勤務時間は、原則、週29時間とする。

(身分及び任期)

第5条 移住促進相談員は非常勤であって、その任期は1年とする。ただし、更新することを妨げない。

(報酬及び費用弁償)

第6条 移住促進相談員に対する報酬及び費用弁償の額及びその支給方法については、室戸市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償支給条例(昭和34年条例第26号)の定めるところによる。

(秘密を守る義務)

第7条 移住促進相談員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また、同様とする。

(委任)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

室戸市移住促進相談員設置要綱

平成26年3月31日 告示第36号

(平成26年3月31日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第8節 地域振興
沿革情報
平成26年3月31日 告示第36号