○室戸市私債権の管理に関する条例施行規則

平成22年3月31日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、室戸市私債権の管理に関する条例(平成21年条例第29号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(台帳)

第2条 条例第5条に規定する台帳に記載する事項は、次のとおりとする。

(1) 私債権の名称

(2) 債務者の氏名及び住所

(3) 私債権の額

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事項

(督促)

第3条 条例第6条に規定する督促は、原則として納期限経過後20日以内に発するものとする。

2 前項の督促に指定すべき期限は、その発した日から15日以内において定めるものとする。

3 第1項の督促は、原則として文書により行うものとする。

(督促後の期間)

第4条 条例第7条に規定する「督促をした後相当の期間」とは、1年を限度とする。

(室戸市私債権処理審査委員会)

第5条 市の私債権の管理に関し、重要な事項について検討するため、室戸市私債権処理審査委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(任務)

第6条 委員会は、次に掲げる事項の処理について審査する。

(1) 条例第7条から第12条までの規定に係る債権のうち重要なもの

(2) 条例第13条の規定に係る債権

(3) その他市の私債権に関し、委員長が必要であると認める事項

(組織)

第7条 委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって組織し、別表に掲げる職にある者をもって充てる。

(委員長等の職務)

第8条 委員長は、会務を総理する。

2 副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

(会の招集等)

第9条 委員会は、委員長が必要に応じてこれを招集し、主宰する。

(庶務)

第10条 委員会の庶務は、債権管理課において所掌する。

(委任)

第11条 この規則の施行に関し、必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第5号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第7条関係)

区分

職名

委員長

副市長

副委員長

債権管理課長

委員

企画財政課長

福祉事務所長

財産管理課長

人権啓発課長

水道局長

学校保育課長

生涯学習課長

産業振興課長

室戸市私債権の管理に関する条例施行規則

平成22年3月31日 規則第8号

(平成28年4月1日施行)