○室戸市の文書の左横書きの実施に関する規程

昭和43年4月1日

訓令第9号

庁中一般

(趣旨)

第1条 この規程は、文書の書式を改善し、事務能率の向上を図るため、文書の左横書きの実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(実施の時期)

第2条 文書の左横書きは、昭和43年4月1日から実施する。

(実施の範囲)

第3条 左横書きを実施する文書の範囲は、次に掲げるものを除くすべての起案文書、資料、帳簿及び伝票類とする。ただし、第3号に掲げるものは、横書きとしても差し支えない。

(1) 法令の規定により様式を縦書きに定められているもの

(2) 他の官公庁で様式を縦書きと定められているもの

(3) 賞状、祝辞その他これらに類するもの

(4) 前3号に掲げるもののほか、総務課長が特に縦書きを適当と認めるもの

(文書の書き方)

第4条 左横書き文書は、別紙の「左横書き文書の書き方」による。

(文書のとじ方)

第5条 左横書き文書は、原則として左とじとする。ただし、特別の場合のとじ方は、次の例による。

(1) B5判の用紙を横長に、B4判の用紙を縦長に用いた場合は、上とじとする。

(2) 左横書き文書と左に余白のある1枚の縦書き文書とをとじる場合は、そのまま縦書き文書の左をとじる。

(3) 左横書き文書と、左の余白のない縦書き文書又は2枚以上の縦書き文書とをとじる場合は、縦書き文書を裏とじ(背中あわせ)とする。

(用紙)

第6条 用紙は、日本標準規格によるB5判及びB4判を用いる。ただし、別に規格の定める場合及び特に他の規格の用紙を必要とする場合は、この限りでない。

2 原則として、B5判の用紙は縦長に、B4判の用紙は横長にして用いる。この場合、B4判の用紙は、2つ折り又は3つ折り込みとする。

附 則

この訓令は、昭和43年4月1日から施行する。

附 則(平成6年訓令第37号)

この訓令は、平成6年4月1日から施行する。

画像画像画像画像画像画像画像

室戸市の文書の左横書きの実施に関する規程

昭和43年4月1日 訓令第9号

(平成6年3月31日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第3節 文書・公印
沿革情報
昭和43年4月1日 訓令第9号
平成6年3月31日 訓令第37号