室戸市

高知県室戸市Webサイト

土佐の東の最先端、光輝く海の恵み。ジオパーク、空海、海洋深層水の町。高知県室戸市。

トップ 観光イベント 室戸移住! 令和4年度(第3回)室戸市職員及び水道局技術職員採用資格試験案内

子宮頸がん予防(HPV)ワクチンを自費で接種した方への費用助成(償還払い)について

2022年11月14日 更新

積極的な接種勧奨を控えている間に接種機会を逃した方で、定期接種の対象年齢を過ぎて、
令和4年3月31日までに子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの任意接種を自費で受けた方に、
接種費用の助成(償還払い)を実施します。

対象者 以下の条件をすべて満たす方
①令和4年4月1日時点で室戸市に住民登録があること
②平成9年4月2日~平成17年4月1日生まれの女子
③子宮頸がん(HPV)ワクチン定期接種(3回分)を完了していないこと
④17歳となる年度から令和4年3月31日までに国内の医療機関で
 子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの任意接種を受け、実費を負担した方
⑤キャッチアップ接種として定期接種を受けていない方

対象となるワクチン
・組み換え沈降2価HPVワクチン(サーバリックス)
・組み換え沈降4価HPVワクチン(ガーダシル)

申請受付期間
令和7年3月31日まで

助成額
負担した接種費用の実費(申請にかかる文書作成料や診察料は対象外です。)
※領収書がない場合、接種医療機関にて『証明書』を記入してもらってください。
(様式は保健介護課窓口もしくは下記よりダウンロードできます。)
※領収書が無い場合の助成額は、申請した年度の室戸市の子宮頸がん予防(HPV)ワクチン
 定期接種単価額となります。

支払い方法
申請書類を市で審査し助成決定後、申請された金融機関口座へお振込みします。

申請に必要な書類
・『申請書』
 (様式は保健介護課窓口もしくは下記よりダウンロードできます。)
・接種記録が確認できる母子健康手帳
・支払いを証明する領収書(原本)
 ※無い場合は接種医療機関が記入した『証明書』
 (様式は保健介護課窓口もしくは下記よりダウンロードできます。)
・振込先の通帳の写し(原則、申請者名義のもの)
・接種した方の身分が証明できるもの(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなど)
 ※接種した方と申請者が異なる場合は、双方の身分証明が必要です。

pdf申請書(90.66KB)

pdf証明書(37.42KB)

このページに関するお問い合わせ
担当 室戸市 保健介護課
電話 0887-22-3100(健康推進班)
0887-22-3105(障害福祉班)
0887-22-5155(高齢者介護班)
FAX 0887-24-2287
メール お問い合わせフォーム
住所 〒781-7109 高知県室戸市領家87番地
ページの先頭へ