土佐の東の最先端、光輝く海の恵み。空海、海洋深層水の町。高知県室戸市オフィシャルWEBサイト  
           
市長の挨拶    室戸市長 小松 幹侍(こまつ けんじ)
No.68(更新日 2017年10月19日)
  
第3回室戸ジオパークトライアスロン、第20回室戸岬健康マラソン
第3回室戸ジオパークトライアスロン、第20回室戸岬健康マラソン

 室戸市長の小松幹侍です。室戸市ホームページにアクセスいただきましてありがとうございます。


 室戸市では9月30日 第3回室戸ジオパークトライアスロン大会が開催されました。


 ご案内のとおりにトライアスロン競技は水泳、自転車、マラソンの3種目を一度に行うものであり、自己の持つ全ての力を発揮して感動のゴールを目指すという大変魅力的なスポーツであります。


 そして、コースは室戸岬漁港でスイム1.5Km、室戸ユネスコ世界ジオパークに認定されている海岸から、海成段丘に上がるとても厳しいバイクで40Km、また、室戸岬までのラン10Kmであります。


 今回は個人で163人、リレーで18組のエントリーがありました。


 選手からは、「地域の人の応援が多く、走っていて励みになった」また、「バイクコースはアップダウンが多く厳しいが、他のレースでは味わえない達成感がある」などといった意見をいただいていております。


 競技の後には、志国高知幕末維新博の地域会場である室戸世界ジオパークセンターや、キラメッセ室戸くじら館など観光関連施設を巡るとともに、室戸の新鮮な魚貝類や豊富な農産物を使ったお料理を味わうなど、お楽しみいただきたいと申し上げたところであります。


 本大会の開催にあたり、ご尽力をいただきました高知県トライアスロン連合の皆さんや、大会実行委員会の皆さん、その他多くの関係者各位に感謝とお礼を申し上げますとともに参加されました選手の皆さんの今後のご健勝とご多幸を心からお祈りいたします。


 また、10月15日には第20回室戸岬健康マラソン大会が開催されました。


 本大会のコースは、ユネスコ世界ジオパークに認定されている大地と自然であり、雄大な太平洋を眺めながら走るコースであります。


 今回の参加者は1,000人を超え、過去最多のエントリーとなりました。


 また、南は九州、福岡県から北は福島県まで21の都府県から来ていただき大変うれしく思っています。


 そして、ゲストランナーには、高知県立 山田高校の女子陸上部の方々に来ていただきました。同校は京都で開催されている全国高校駅伝に28年連続出場し、毎年期待以上の素晴らしい成績を上げており、全国に知られている学校であります。


 大会運営にご協力を賜りました多くの皆さんや選手の皆さんに、心からお礼を申し上げますとともに今後のご活躍をお祈り申し上げます。



 室戸市では10月、11月に次の行事などがございます。


・10月24日〜11月5日「第58回室戸市美術展覧会」の開催
  (室戸市勤労者体育センターで一般の部、小・中学生の部、それぞれの力作が勢揃いしています。)


・10月29日「吉良川町重要伝統的建造物群保存地区選定20周年記念式典」の開催
  (吉良川公民館や御田八幡宮で土佐勇魚太鼓や桂 吉哉さんによる古典落語、もち投げ、祝賀会など)


・11月3日「開運 出張!なんでも鑑定団in室戸」の開催
  (室戸市吉良川町重要伝統的建造物群保存地区選定20周年記念事業として、保健福祉センターやすらぎにおいて、お宝鑑定の収録を行います。)


・11月4日「地球×ちきゅう記念講演会」の開催
(地球深部探査船「ちきゅう」の掘削及び研究プロジェクトに関する記念講演会。子ども達が楽しめる体験コーナーや、スーパーバンドによるテーマソング等のミニライブも予定)


・11月4日〜11月5日「むろとまるごと産業まつり」の開催
  (防災公園にて農産物、海産物の販売や室戸食材を活かしたどんぶりサミット、もち投げ等)


・11月4日、5日「灯台まつり」の開催
  (灯台内の見学や室戸岬特別地域気象観測所の一般公開、もち投げ等)


・11月26日「地球がはぐくむ自然の恵みフェスタin室戸」の開催
  (地域の自然と暮らしからみる生物多様性をテーマとした生物多様性の保全に関するシンポジウムの開催)


どうぞ、室戸のまちに来てお楽しみ下さい。お待ちしています。

戻る      トップページへ